2015年10月07日

來楽(らいらく) 大吟醸 2015金賞受賞酒

らいらく だいぎんじょう 2015きんしょうじゅしょうしゅ
DSC_0108.JPG
來楽 大吟醸 2015金賞受賞酒


昨日、飲んだお酒です。

今年(平成26年酒造年度)、初めて金賞受賞した蔵、茨木酒造の大吟醸です。
酒は嗜好品なので、人によって評価は分かれると思いますが、
このお酒は素直に美味しいなぁ、と思いました。
ただ、蔵独特なんでしょうか、少しクセのある香りがちょっと気になりました。



ところで。
よく「金賞受賞」と言われますが、日本酒に関しての金賞受賞は、
だいたいが毎年春に行われる全国新酒鑑評会で受賞したものを指します。

↓金賞受賞を決める団体
独立行政法人 酒類総合研究所

金賞といっても、毎年800ほど出品される酒から、半分ほどが入賞し、
その中でも特に優れていた200〜250ほどの蔵が金賞受賞します。
なので、さほど希少感はないかと思いますが、小さな蔵にとっては金賞受賞したか否かで
その年の販売量に大きく影響されると思います。
(事実、知り合いの蔵元はそんなことを仰っていました)

消費者としても、初めて買う銘柄が売り文句が全くないものよりは
「金賞受賞してるんですよ」と言われると買いたくなりますよね・・・



ここ数年、播州の蔵は3〜4蔵が金賞受賞していたのですが、
(播州は灘に隠れて全国的には知名度がないかもしれないですが、結構いい蔵が多いんです
今年は2蔵だけが金賞受賞しました。
そのうちの1つがこのお酒です。


ちなみに、余談ですが、ラベルに貼り付けてある金賞受賞シール、実は2種類あったりします。
「金賞受賞酒」と「金賞受賞蔵」。
微妙に違いますが、中身は大いに違います。
「酒」とあれば、その中身がまさしく金賞受賞したお酒ですが、
「蔵」となると、その中身は金賞受賞したお酒かどうかはわかりません。
もしかしたら、その年に金賞受賞したので売り出すすべてのお酒に貼り付けているかもしれませんし、
過去に受賞したことがあるから貼り付けているのかもしれません。


↓他のも試すなら・・・!



↓蔵元に直接アクセス
來楽(らいらく)醸造元 茨木酒造(明石市)
  蔵では蔵見学やお食事なんかもできます。(詳細は蔵元へ・・・)



↓ランキングに参加中!よかったらクリックしてくださいるんるん
人気ブログランキングへ

posted by まろん at 17:59| Comment(0) | 日本酒(播州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。